ホーム > 企業情報 > 行動憲章

行動憲章

アイ・ケイ・ケイグループ各社(アイ・ケイ・ケイ株式会社、その子会社)は、コンブライアンスを経営の最重要課題のひとつと位置づけ、企業倫理の確立とコンプライアンス態勢の充実・強化に努めております。当社及び当社グループ並びにその全役職員は、アイ・ケイ・ケイで働くものとして誇りを持ち、あらゆる企業活動において、関係法令を遵守し、企業活動のすべてにわたって、公正と誠実・信朋・信頼の理念を貫き、社会的責任を自覚し、日々の活動を遂行してまいります。

行動憲章 1.信念・経営理念 私たちは、当社の信念及び経営理念をすべての行動の判断基準とします。2.法令等の遵守 私たちは、法令やルールを厳格に遵守することはもとより、社会的規範に則り、誠実かつ公正な企業活動を遂行します。3.お客さまの満足向上 私たちは、お客さまの信頼確立と満足向上のために、お客さまのニーズと要望に応え、質の高い商品とホスピタリティを提供いたします。4.公正な取引 私たちは、公正、透明、自由な競争並びに適正な取引を行います。5.地域社会との共生 私たちは、責任ある企業市民として、環境に配慮した事業活動、地域社会とのコミュニケーション、社会貢献活動を通じて、地域社会との共生を目指します。6.情報の適切な管理 私たちは、お客さまに関する情報及び業務上の機密情報について、適切な管理と保護を徹底いたします。7.情報の開示 私たちは、お客さま、株主、投資家、お取引先、従業員等のステークホルダーに適時・適切に企業情報を積極的に開示し、経営の信頼性・透明性の確保に努めます。8.人権の尊重 私たちは、従業員一人ひとりの人権と人格を尊重して公正に処遇し、自己の能力・活力を発揮できるように、その環境づくりを行います。9.反社会的勢力に対する対応 私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対しては、毅然とした態度を貫きます。10.経営陣の率先垂範 私たちは、木憲章の精神を実現することの重要性を認識し、率先垂範のうえ、社内並びにグループ企業に周知徹底します。 2011年8月12日制定